Water space

CGの使い方など

酢ピーナツの高血圧予防の効能がすごい!作り方レシピ

毎日20粒の酢ピーナツが高血圧予防に効果的だと言われている。具体的にどのような効果があるのだろうか?また、酢ピーナッツの作り方とは? ピーナッツは健康にもよい。高血圧を抑制してくれる働きがある。また、ピーナッツに酢をコラボすることで、さらに効…

トマトの色で栄養素の違いと特徴

トマトと言われて思い浮かぶ色は「赤」。しかし、黄色やオレンジなどのトマトもある。実は、トマトの色で健康になれる栄養素が異なるのだ。 トマトの色は赤色だけではない。他にもたくさんの色をしたトマトがある。また、味や栄養素が違う。健康になるために…

かゆくないカカト水虫とは?原因と対策方法

かゆくないのに踵(カカト)がガサガサ!実はこれ、隠れ水虫かもしれない。パッと見た目は綺麗で、足がかゆくて仕方が無いなどの症状がない人でも、実は菌に犯されている「隠れ水虫」の人は意外に多いそうだ。 水虫は痒みを伴うのだが、中には自覚症状を感じ…

お肌のゴールデンタイム睡眠(22時ー2時)の嘘!新常識とは

美肌を作るといわれている睡眠のゴールデンタイムにまつわる衝撃の事実が話題だ。22時から深夜の2時までが睡眠のゴールデンタイムと言われているのだが、新常識は違うようだ。どういうことなのだろうか? 22時から深夜の2時までが睡眠のゴールデンタイ…

喜界島の白ゴマは骨粗鬆症予防に効果的な理由

骨が弱くなりもろくなることを「骨粗しょう症」という。将来、寝たきりにならないためにも骨粗しょう症予防は早いうちにしておくべきだ。では、何をどのようにしたらよいのだろうか? 実は、喜界島にある「ゴマ」が効果的だと言われている。将来寝たきりにな…

米油とは?動脈硬化予防の効能と使い方

人から恐れられている怖い病気である「心筋梗塞」と「脳卒中」は突然死を引き起こす。恐ろしい「死」を引き起こしているその原因とされているのが「動脈硬化」だ。 血液がうまく移動しないために、ある箇所で血流がストップしてしまい突然死につながる。突然…

葉酸の食べ物「海苔」効果で大腸癌予防ができる!

日本人に多い死亡原因の上位を占める大腸がん。発病したくはない病気の一つなのだが、「葉酸」でリスクを下げることができるといわれている。 現在は癌になっても助かる可能性が高くなっているのだが、それでも癌リスクは下げておきたいのが心情だ。野菜など…

フィッシャー症候群とは?症状と治療法

目がかすんだり見えなくなる怖い病気「フィッシャー症候群」。目は人間にとって重要な器官となるため、生涯トラブルなく過ごしたいものだ。 フィッシャー症候群は、外眼筋の異常が発生して高い確率で内眼筋麻痺が生じることで目が動かなくなったりするため、…

暗い場所の読書は目に悪い?アイアイ体操で視力回復のやり方

目が悪くなった小学生の視力が治るとして、「アイアイ体操」と呼ばれているものがある。埼玉県の上尾市立原市小学校で視力が回復したと話題になっているのだが、いったいアイアイ体操とはどのようなものなのだろうか? 小さい頃に「目を大切にしなさい」と言…

寒暖差アレルギーの症状と治し方

朝に目が覚めると呼吸がしずらいときがないだろうか?鼻詰まりだ。鼻詰まりの原因と改善方法を見ていこう。朝起きると鼻づまりをおこしやすい。鼻がつまる原因の1つは風邪。もう1つは花粉症。どちらも違うなら寒暖差アレルギーの可能性がある。 鼻詰まりの原…

エクサドンの効果で脳が若返る!認知症予防のやり方

患者数が増え続けている認知症は、予防できる健康法がある。それは、新潟県佐渡島の「エクサドン」と呼ばれているものをすることだ。 楽しく脳を若返らせるその健康法「エクサドン」とはいったいどのようなものなのだろうか? 新潟県佐渡市ではエクサドン(E…

肌荒れが目立つ曜日と時間が判明!原因と理由

見た目は大事!常日頃からお肌のお手入れしている女性が気になるのは肌荒れ。女性の肌荒れで危険な曜日と時間がわかった。 女性の天敵である肌のトラブル。肌荒れをする危険な曜日と時間がある。女性にとってお肌のお手入れは重要なのだが、一週間の内に最も…

人食いバクテリアとは?初期症状と治療法

手足の壊死や多臓器不全を引き起こして死に至ることもある「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」、通称「人食いバクテリア」。この病気の恐ろしい所は、3割の確率で3日以内に死亡することもあること。 早期治療が不可欠な病気です。 正式名称は劇症型溶血性レン…

ガムを10分噛むと認知症予防に効果的な理由

人が物を覚えるときに記憶はいったん海馬という脳の部分に保存されますが、海馬で整理整頓された情報は、大脳皮質で格納されます。 新しい記憶は海馬に、古い記憶は大脳皮質に保存されるということ。認知症などのアルツハイマーにかかると、新しい記憶を保存…