Water space

CGの使い方など

雨の波紋をアニメーションで表現する方法

雨は静かな雰囲気を出すには絶好です。神社のシーン、窓で外を見つめるシーン、帰り道の公園のシーン、晴れている日と真逆の雰囲気を伝えることが可能です。

 

Blenderで雨の波紋をアニメーションで表現する方法

雨の波紋をCGで表現できます。【メッシュ】から【平面】を選択します。「S」キーで平面を拡大しましょう。この平面は雨を降らせる平面になります。

 

画像は4倍に拡大しています。「S → 4(テンキー)」で4倍に拡大できます。「G」で上の方へ移動させましょう。

 

続いて、雨を受ける平面を追加します。【メッシュ】から【平面】を追加。追加した平面も同じように「S → 4」で4倍に拡大。だたし雨を受ける平面、つまり「地面」になります。4倍にこだわる必要はありません。

f:id:fdf4ddgf76ggh:20190116130201p:plain

 

地面の平面を選択して【編集モード】(Editモード)に切り替えましょう。「W」キーを押して、【細分化】を選択。複数回繰り返しましょう。【オブジェクトモード】に切り替えて、左のツールバーから【スムーズ】を選択して表面を滑らかにします。

f:id:fdf4ddgf76ggh:20190116130230p:plain

 

【プロパティーツール】欄にある【物理演算】アイコンをクリック。【ダイナミックペイント】を選択して【キャンパス】が選択されていることを確認して、【キャンパスを追加】を押しましょう。

 

キャンパスの編集画面が表示されました。【ダイナミックペイント詳細設定】欄の【サーフェスタイプ】に【Waves】という項目があるので選択。

f:id:fdf4ddgf76ggh:20190116130305p:plain

 

上の【平面】を選択。【プロパティーツール】欄から【ダイナミックペイント】を選択して、【ダイナミックペイント】項目の中の【ブラシ】を選択します。【ブラシを追加】を押しましょう。

f:id:fdf4ddgf76ggh:20190116130336p:plain

 

【プロパティーツール】欄から【パーティクル】アイコンを選択。【+】ボタンを押してパーティクルを追加しましょう。

 

【放射】項目の【寿命】を【100.000】へ。雨と地面の平面の高さによって寿命時間がかわります。上下の平面が遠く離れている場合は、寿命を「200.000」などへ変えてみましょう。

 

再び【プロパティ】欄の【物理演算】を選択。下の方に【ダイナミックペイントソース】とあるので、中から【パーティクルシステム】を選択。するとパーティクル指定欄が出てくるので、先ほど追加したパーティクルを選択します。

f:id:fdf4ddgf76ggh:20190116130513p:plain

 

「Alt + A」でアニメーションを再生しましょう。すると、下の地面が波を打つように動き出すことを確認できます。でも、雨の波紋というよりは海の波・・・。動きをよくするため、ポリゴンの数を増やす必要があります。

f:id:fdf4ddgf76ggh:20190116130549p:plain

 

下にある地面の平面を選択。【編集モード】にして「W」キーで【細分化】を選択します。三度ぐらい繰り返しますが、ポリゴンを細かくするほどリアルな動きになります。

f:id:fdf4ddgf76ggh:20190116130636p:plain

 

オブジェクトモードに戻して、「Alt + A」でアニメーションを再生しましょう。すると、先ほどより細かく波打つことが確認できます。

f:id:fdf4ddgf76ggh:20190116130717p:plain

 

【プロパティ】欄から【物理演算】を選択。下の方に【ダイナミックペアレント詳細設定】があるので注目しましょう。その項目の下に【範囲の大きさ】というパラメータがあるので【0.40】にします。

f:id:fdf4ddgf76ggh:20190116130813p:plain

 

もう一度アニメーションを再生すると画像のように雨の波紋ができます。大雨や小雨の場合は、シーンによりパラメータを使い分けていきます。

f:id:fdf4ddgf76ggh:20190116130840p:plain

 

豪雨の時にはパラメータの数字を強くして反射する雨水を表現します。小雨のときは逆に数字を小さくして調整しましょう。

f:id:fdf4ddgf76ggh:20190116130910p:plain

 

雨のシーンを制作する時には利用したい機能になります。